外壁塗装の目的は建物の劣化を防ぐことにあり、美観はその次となっています。しかし光媒体はどちらも両立させた塗料で、長期間に亘って外壁を保護するだけでなく美観までも維持するのです。
光媒体の仕組みは太陽光による分解で、付着した汚れは浮き上がることになります。浮き上がった汚れをどのように落とすのかといえば簡単なことで、雨が降り注いだときに洗い流してくれるのです。つまりすべて自然の力を使ったクリーニングが光媒体の魅力と言えます。


光媒体の外壁塗装は多くのメーカーが塗料を開発しており、その性能はメーカーによって大きな違いが見られます。そのため外壁塗装で光媒体を考えている人は、そのメーカーが使用する塗料の情報を把握しなくてはいけません。
光媒体本来のセルフクリーニング機能があることが最低条件で、また良い塗料を使ったとしても職人の技量によって性能差が生じます。
そのため外壁塗装で光媒体を使うなら、リフォーム業者から徹底的に調べる必要があるのです。
断熱塗料を用いた外壁塗装は、外気の温度や太陽光の熱に関係なく室内を快適な空間に保てます。しかしこれには条件があり、機能をすべて引き出すためには外壁塗装だけでは足りません。そのため最も陽光が当たる屋根にも外壁塗装と同様の効果がある塗料を塗布したり、場合によっては葺き替えが必要になるのです。
また住宅は多くの窓で覆われています。
外壁や屋根が断熱効果を持っていても、窓ガラスに断熱効果がなければ部屋によっては効果が半減するのです。



そのため断熱効果を実感したいなら、外壁・屋根・窓のすべてを施工する必要があります。また場合によっては玄関ドアにも必要となるのです。しかし外壁や屋根だけでも、十分に体感できるだけの効果は実感できます。
どの程度で妥協するかは人それぞれですが、少なくとも外壁と屋根のの2箇所は必要不可欠です。外壁塗装は足場を組むので、屋根のリフォームも同時に施工できるメリットを持っています。
将来的に施工する可能性があるのならば、同時に行ったほうが効率的なのは言うまでもありません。